ヘンプカープロジェクト概要

2011年07月25日

十勝農業試験場・帯広畜産大

355078510.jpg
355215118.jpg

今日は朝から帯広のヘンプカープロジェクト世話人の方々と一緒に、帯広神社へ参拝しました。
その後、クリスチャンであるヘンプカー実行委員長・菊地さんの案内で教会へ行きました。
これでヘンプカーは守られました。

355217168.jpg

菊地さんの前職場、十勝農業試験場を訪問。
大麻の許認可問題について意見交換をしました。

355223648.jpg

試験場の後、帯広畜産大学を訪問。
昔、大麻の茎を使った馬の敷料についての研究をしていたところです。

355227717.jpg

帯広畜産大では、長澤学長らと一緒に大麻研究プロジェクトについて有意義な意見交換をしました。
写真向かって左から、菊地実行委員長、長澤秀行学長、赤星、加藤准教授。

今日の帯広の気温は27度ぐらいでやや暑い。
(赤星)



posted by yashiro at 19:47| Comment(2) | 2011.北海道日記・後半
この記事へのコメント
北海道は麻で開拓する余地がまたたくさんあると思います。
Posted by at 2011年07月25日 13:04

麻を使った、敷き藁の実験結果はどうだったのでしょう?
 宮古島の伊古賀さんのお話では、飼育環境良いので、豚のいじめがなくなり、健康的で、すくすく育つとか、
また、牛も、健康に育ち、目の白目もきれいで高値で売買されるとか。理想的な畜産を成功させるためにも、大麻草の国産大規模栽培が望ましいですね。

 各大学は、人類に有益な大麻草をどんどん研究して正しいデーターを発表して欲しいものです。
 地上植物の代表の大麻草が、太古の昔から変わらず私たちの生活をサポートしてくださっていたことに、早く気付いていく必要がありますね!

 ヘンプカークルーの皆様 ご活躍ありがとうございます。GOGO!!!ヘンプカー

 
Posted by チェリー at 2011年07月26日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


中山弥栄塾