ヘンプカープロジェクト概要

2015年09月02日

山口周防大島 2015ヘンプカー出発式、幸運のダブルレインボーが!

9/1山口県周防大島、朝から出発準備。
ヘンプカーの改造を依頼している方が指導員を務める商船学校にて、スーパーヘンプカーへ向けた改造の最終確認。

11936970_749477708531344_1648829005_n(1).jpg

出発懇親会へは、急な呼びかけにも関わらず地元の方も含め、お集まり頂きました。そこで予定を変更し、急遽ヘンプカープロジェクト2015出発講演を開催。

11780537_749481771864271_1931140798_n(1).jpg

中山さんはヘンプカークルーの紹介とプロジェクトの説明、最古の叡智と最新の情報を織り交ぜたトーク。
私はヘンプオイルの搾油について説明と自身が生活する石巻市の離島、網地島での暮らしの紹介。

11948286_749480851864363_448109819_n(1).jpg

最後は皆さんで出発懇親会。

11948092_749482588530856_38235442_n(1).jpg

ハワイとご縁のある周防大島。ハワイからホクレア号が寄港したこの島からヘンプカーが出発します!夕暮れ時には車内からダブルレインボーが。

11938922_749483671864081_1861210779_n(1).jpg

crew2015.jpg

虹のアーチの真ん中を走り抜け、ヘンプカーの旅がスタートしました。

(陸)


今回のヘンプカープロジェクト2015は、スーパーヘンプカーに進化する第一段階をクリ アーした状態での走行となります。
現段階でも、ヘンプカーは,もはや車ではありません。
☆停車中でも自家発電により搾油小屋となる
☆麻の実バター等の副産物の製造工場となる
☆緊急時の発電機や輸送車としての機能あり
☆麻の油と麻炭車湿による空間クリーナー車
☆環境循環型の植物燃料のキャンピングカー
ただの移動車を超えて、停車中も有効活用出来るため、止まっている時には、発電機や搾油小屋、または、食品工場のような機能も持ち合わせている移動型麻の家でもあります。
2020年までに、三段階の改造で進化するスーパーヘンプカーは、上記の機能に加えて、麻の油というより、麻の種で走る車となります。世界に類を見ない、麻の種そのもので走るこの車は、まさに、SUPER HEMP SEED carであり、田畑という大地が燃料スタンドとなり、生産者に循環還元出来る画期的な可能性を秘めています!!
最終的には、HEMPUFOです☆

(中山康直)

posted by yashiro at 09:39| Comment(0) | 2015 山陽・北陸日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


中山弥栄塾